« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月 6日 (火)

~震災から1年目の春~ イラクと福島のこどもたち絵画と写真展

----------------------------------------
~震災から1年目の春~
イラクと福島のこどもたち絵画と写真展
----------------------------------------

http://kuroyon.exblog.jp/17896423/

●日時
2012年3月9日(金)~14日(水)
11時~19時 (最終日は17時まで)

●会場
ギャラリー日比谷
(晴海通り沿いの電気ビル向かい。カラオケビックエコー隣の
レンガ色の建物です)
http://g-hibiya.heteml.jp/images/map-hibiya2.jpg
•東京メトロ・日比谷駅(A4出口)を出てすぐ
•東京メトロ・銀座駅(C1出口)から徒歩2分
•JR・有楽町駅(日比谷口)から徒歩3分


●問合せ
会期中(3/9~14):03-3591-8948(会場直通)
会期以外:03-6228-0746(JIM-NET事務所)
E-mail:info-jim@jim-net.net

【主催】JIM-NET http://www.jim-net.net/
【協力】ギャラリー日比谷 http://g-hibiya.com/
      NPO法人移動保育プロジェクト http://kidsbrain.jp/fihp/
      特定非営利活動法人APLA http://www.apla.jp/
-------------------------------------
イラクの小児がんの子ども達からのメッセージや絵画と
福島の子ども達が描いた絵で世界がつながります。
現地の写真も多数展示しますので、ぜひお立ち寄りください。

福島の有機にんじんのジュース(セシウム未検出)、
イラクの少女ハウラが描いた赤い花のポストカードや今治タオルハンカチなど、
チャリティーグッズや関連書籍の販売なども予定しています。

3月10日、11日は、ピースオンアースというイベントが日比谷公園であります。
画廊は、日比谷通りに面していて、銀座や有楽町から公園に向かう途中ですので
是非立ち寄ってください。


|

2012年3月 4日 (日)

沖縄・辺野古の海を殺すな!

◆~~~~~~~~~~~◆
   沖縄・辺野古の海を殺すな!
  =新基地建設を断念させよう=
   3・10集会

               ◆~~~~~~~~~~~◆

■日時;2012年3月10日(土)
 18時半開場/19時開始

■会場:東京しごとセンター・地下講堂
 (東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号)
http://www.tokyoshigoto.jp/shisetsu.php?page_id=150

★参加時、資料代500円が必要です。

■講師:真喜志好一(まきし・よしかず。建築家
・沖縄環境ネットワーク)

■主催:辺野古への基地建設を許さない実行
委員会/全労協全国一般東京労働組合/沖
縄・一坪反戦地主会関東ブロック

■連絡先電話:090-3910-4140
(沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック)

 沖縄・普天間基地の「移設先」とされた沖縄・
辺野古への基地建設計画では、環境影響評
価(アセスメント)は<最初から事業(基地建設
)ありき>のものとなっている。定められた期
間より前に違法調査を行ない、調査機器の設
置で環境をかく乱してからデータをとり、環境
に影響が大きな部分は情報を後出しし、住民
意見を述べられないようにし、開発時に事故を
多発している「新鋭機」MV-22オスプレイの
配備を隠してきた--など問題の多いもの。

 とうてい認められないこのアセス評価書を、
沖縄防衛局は御用納めの昨年12月28日未
明、開庁前の沖縄県庁守衛室にダンボール
で16個を運び込んだ。行政機関が書類を置
き逃げするなど、信じられない暴挙であり、
強引な提出だった。
 内容も提出の仕方も問題だらけのアセス評
価書だが、その具体的な問題点を広く知らせ
批判していくことが今、問われている。

 昨年暮の評価書提出阻止行動にも積極的
に参加してきた真志好一さんをお呼びして、
徹底的批判集会を行なう。
 なりふり構わず沖縄・辺野古の海を殺しそ
こに軍事基地を建設しようとする日本政府
を糾弾し、政府に完全に基地建設を断念さ
せるために、この集会に多くの皆さんの参加
を!!

★集会ビラをダウンロードできます
http://www.jca.apc.org/HHK/2012/310henoko_aseemblybill.pdf

辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html

|

2012年3月 3日 (土)

閣僚はバラバラ、官僚の言いなりの野田政権は即刻退陣を!

「市民の声ニュース」 第93号  (2012、3、1発行)

閣僚はバラバラ、官僚の言いなりの野田政権は

即刻退陣を!

★国民への約束破り、ここに極まれり★

●廃止を約束した「障害者自立支援法」を廃止しない!?

◆悪名高い「障害者自立支援法」

2005年、小泉政権下で作られた悪名高い「障害者自立支援法」は、“自立”とは正反対の、障害者の自立を阻む法制度で、障害者福祉を権利ではなく、対価をはらって受けるサービスとするもので、これにより、多くの障害者が、自立作業所に通うことを断念させられるなどの不利益を被っています。

 

全国14地裁で、「人間の尊厳を傷つけて違法だ」と違憲訴訟が起こされました。

 

民主党は2009年8月の総選挙で自立支援法の廃止と新法制定を公約に掲げて政権交替を果たし、厚労省と違憲訴訟団原告との 間で和解が成立、「遅くとも2013年8月までに自立支援法を廃止し、障害当事者の十分な意見を聞いて新法を成立する」と国が約束したため、全国で訴訟を取り下げたのです。

 

そして、19回もの会議(内閣府の部会)を経て昨年8月新法の骨格提言がまとまりました。

 

◆国が廃止すると約束したから訴訟を取り下げのに!

ところが、今国会に「障害者自立支援法一部改正法案」が提出されることが判明しました!

国に騙されたとしか言いようがありません。

公約破りの中でも最悪のもの、到底許せません。

 


●海兵隊のグアム移転と普天間飛行場移設の切り離し

米国の都合による「合意」の変更なのだから、

今こそ政府は「辺野古への移設撤回」を申し入れるべし

  グアム移転と辺野古移設は1セットという「日米間の合意」は破れない、と鳩山首相を追い詰めたマスコミの皆さん、米国都合の「合意」の取り消しはまったく問題にしないのですか?

 

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »